KVM延長トップ画像

UK220-TRはUK220-T(送信器)とUK220-R(受信器)がセットになっています。
お客様は任意の長さのLANケーブルを用意するだけですぐに使えます。

UK220-TRはUK221-TRにバージョンアップしました。

UK221-TR

KVM延長先、輝度明るさ調整、RGB補整バー

UK220-TRの受信器には、延長画像の明るさ、鮮明度を調整する2つのダイヤルに加え、KVM 延長ユニットとしては今回初めてR(赤)G(緑)B(青)の色ズレを簡単に補整する3つのダイヤルを持たせました。

“Focus”は画質の鮮明度(シャープネス)を上下させ、“Brightness”は画面の輝度(明るさ)を調整します。

2つ調整することで、画面上のゴーストも調整できます。

延長先モニタの画質は、延長元パソコンのグラフィックボードや延長に使用するLANケーブル、あるいは延長先に設置するモニタによって様々に変化します。

このフォーカス(Focus)、ブライトネス(Brightness)を調整し、多様な変化を見せる表示状態を、延長先で簡単に正常に近づけることができます。

対応解像度は

に対応する高解像度です。



KVM延長画像補整バー

LANケーブル延長ユニットは、100mを越えるころ、色の滲(にじ)みが生じます。
R(赤)G(緑)B(青)の色の三原色が右や左に微妙にズレて、色が滲んだように表示されます。

RGB補整クリックすると拡大

今までのKVM延長ユニットでは、明るさや鮮明度を調整できても、このニジミの補整が行えないか、もしくはちょっと面倒な操作が必要でした。

UK220-TRでは、受信器に「R」「G」「B」補整用の3つのダイヤルを追加することで、誰でも簡単にRGBの色ズレの補整が行えるようになりました

これら5つのダイヤルを、表示状態に合わせて調整することで、延長先の画像が綺麗に表示されます。

ダイヤルは左へ回すと目的の色を左側へ、右に回すと目的の色を右側に移動させます。

KVM延長器、製品仕様

製品型名UK220-T(送信器)UK220-R(受信器)
接続機器PC×1
モニタ、マウス、キーボード×1
モニタ、マウス、キーボード×1
ポートminiD-sub15P3列オス×1
miniD-sub15P3列メス×1
(DDC2B対応)
USBtypeA×2
USBtypeB×1
PS2×4
RJ45×1

miniD-sub15P3列メス×1
USBtypeA×2
PS2×2
RJ45×1
スイッチセレクトボタン×1ブライトネススイッチ×1
(明るさ固定:通常は使用しない)
ダイヤル-(無し)フォーカス(鮮明度)×1
ブライトネス(明るさ)×1
色ズレ補整ダイヤル×3
R(Red)G(Green)B(BlueI )
LEDセレクト×2、アクティブ×2セレクト×2、アクティブ×2
重量434g431g
対応機器■PC:DOS/V、AT互換機 ■USB/PS2マウス、キーボード
対応解像度5~50m:1920×1200(WUXGA)
~100m:1920×1080(フルHD)
~200m:1280×1024
サイズ(WDH)125×76×46mm
対応OSWin98SE、Me、2000、XP、2003server、Vista、7、Linux、他
電源入力:100~240V、出力:DC5V 2A (電安法適合:PSEマーク付き)
動作環境温度:0~50℃、湿度10~80%(結露なきこと)
付属品VGA-USB複合ケーブル(PC接続用)×1
専用ACアダプタ×2
クイックスタートガイド×1
備考LANケーブルはご用意しておりません。
市販のCAT-5/5E/6(8極T-568B全線結線ストレートUTPorSTP)ケーブルをご使用ください。
PS2マウス、キーボードケーブルは付属していません。
画像の説明
PS2のオス/オスケーブルです。PCと送信機をPS2で接続するときに使います。PS2ポートしか持たないPCやwin98、Meで動作するPCではこちらのケーブルを使用して接続することをお奨めします。
UK-18P←こちらからご購入いただけます。

    Mac用USBキーボードをDOS/V上で使用しないでください。
    一部特殊なキーがありますので利用できません。

UK220-TRはUK221-TRにバージョンアップしました。

UK221-TR

(株)スペクトル 営業部 スタッフ一同

TEL:03-3418-2201
9:00~12:00、13:00~17:00(土日祝祭日除く)
メールでのお問い合わせはお問い合わせボタンからお願いします。
東京都世田谷区池尻3-1-1-603

スペクトルHP製品一覧トップに

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM